デザイン エクストリーム セミナー (DEXS 2013)

「テクノロジーで、すべてのクリエイターの方の手助けをしたい。」

そんな想いから、様々なソフトウェアやハードウェア、そしてそれらのツールを提供する企業の垣根を越えて、2013年 4月12日に開催されたデザイン エクストリーム セミナー 2013 (DEXS)。

フォトグラファー、映像制作者、プランナー、Web デザイナーなど、様々なクリエイターの方にご参加いただき、好評を得ました各セッションの詳細レポートをお届けいたします。

最新テクノロジーを取り入れたトップクリエイターのクリエイティブ事例をお楽しみください。

 

DESIGN EXTREME SEMINAR 2013 REPORT

Photo session

フォトグラファー、デザイナーのための RED* 4K ワークフロー 講師:藤本ツトム 氏 / フォトグラファー、映像ディレクター

RED Digital* Japan ショールーム用映像 RED Digital* Japan ショールーム用映像

海外では「VOGUE*」をはじめ多くの雑誌の表紙が RED* 社のカメラで撮影され、同時に映像コンテンツも制作されています。『映像の結晶として写真が生まれ、写真のストーリーとして映像が生まれる』。このような制作スタイルを RED* 4K が可能にしているのです。今後、日本の出版、広告においてもこのような制作スタイルが必要とされます。このセッションでは、フォトグラファー、デザイナーが知っておくべき動画制作プロセスと RED* 4K ワークフローについて解説します。

Interactive session

新しい映像体験の作り方 講師:川村真司 氏 / PARTY クリエイティブ・ディレクター

日々の音色 日々の音色*
Director: Masashi Kawamura + Hal Kirkland + Magico Nakamura + Masayoshi Nakamura
(2009 Zealot Co.,ltd / Neutral Nine Records)

インタラクティブな仕掛けを駆使した広告やミュージックビデオ、そして NHK のテレビ番組「テクネ 映像の教室」など、既存の枠にとらわれない映像を作り続けているクリエイティブ・ディレクター 川村真司 氏。さまざまなメディアで新しい映像体験を生み出す発想力とそれを実現するテクノロジーについて、川村氏が語ります。

Intel session

CM プランナー 髙崎卓馬の表現の技術 講師:髙崎卓馬 氏 / エグゼクティブ・クリエーティブディレクター / CM プランナー
(電通 コミュニケーション・デザイン・センター所属)

インテル 企業広告 ウルトラダンス インテル 企業広告 ウルトラダンス

サントリー*、JR* 東日本、ANA*、日本中央競馬会* など、数々のテレビ CM を手がける CM プランナーの髙崎卓馬 氏。インテルの企業広告も長年担当していて、「ウルトラダンス」「僕と彼女と彼女のパソコン」「セントリーノ リフティング」など、視聴者の記憶に残る CM を作り続けています。パソコンの CPU という商品やインテルのブランドをどのようにしてエンターテインメントあふれる広告に定着させるのか、CM プランナーの表現の技術について髙崎氏が語ります。

Movie session

NHK 大河ドラマ「八重の桜」 映像マジックの舞台裏 講師:結城崇史 氏 / NHK ドラマ番組部「八重の桜」 VFX プロデューサー

NHK 大河ドラマ「八重の桜」 NHK 大河ドラマ「八重の桜」

幕末から明治にかけての会津を舞台にした「八重の桜」。幕末動乱の京都や江戸の町、美しい会津の風景などをリアルに再現し、鶴ヶ城での激しい攻防戦を描くために、撮影には映画用のデジタルカメラが使用され、高度な VFX 技術がいたるところに投入されています。
「八重の桜」の制作者は、会津や東北の歴史をどのように描こうとしているのか、制作舞台裏の解説を通して紹介していきます。

 

Sponsors

主 催

企画協力

協賛・展示 (50音順)

 

DEXS 2013 REPORT

  • Photo session
  • Interactive session
  • Intel session
  • Movie session